Written by Ryusei

エラー管理シートの作成【エラーを記録に残せます!】

programming

様々な企業や病院など、エラーや故障が起こるケースがあると思います。そんな時に、いち早く行動に起こし、普及させるために過去のエラーや故障を記録に残しておくことに意味があると思い、作成しました。

 本記事のテーマ

エラー管理シートの作成【エラーを記録に残せます!】

 目次

  1. エラー管理シートの概要
  2. 使用方法
  3. お問い合わせ

スポンサードサーチ

1. エラー管理シートの概要

エラー管理シートは上のような画面構成になっています。

シート上部の入力フォームボタンからフォームを入力することで記録できます。

2. 使用方法

①シート上部の入力フォームボタンをクリックする。

②担当者やエラー機器の登録についてはコードを書き直すことで簡単に変更できます。

③エラー内容やエラー解決方法は「Shift+Enter」で改行することも出来ます。

④入力ボタンを押すとシートに記録されます。

⑤シートの項目のフィルター機能を使うことで、目的のエラーを検索することが出来ます。

エラーナンバーはよく機械とかはエラーの時ナンバーが表示されたりするので、どの機械のエラーナンバー〇〇という情報を残しておけば、同じエラーが出たとき、すぐに対応できます。

スポンサードサーチ

3. お問い合わせ

このシートを実際に使ってみたい、またこんな項目も追加して欲しいなどありましたらお問い合わせフォームからご連絡いただけるとありがたいです。

お問い合わせページはこちらから