Written by Ryusei

【完全初心者向け】XM口座開設~トレードまでの手順を徹底解説

FXを始めようと考えている人「FXの口座開設方法について知りたい。海外のFX会社は英語だから登録方法が分らない。初心者でも口座開設できる方法が知りたい。」

こういった疑問に答えます。

 本記事のテーマ

【完全初心者向け】XM口座開設~トレードまでの手順を徹底解説します!

 

【完全初心者向け】XM口座開設~トレードまでの手順(STEP1~STEP4)

  • 新規リアル口座開設対象者
  • STEP①フォームへの情報入力
  • STEP②会員ページ情報の送付
  • STEP③リアル口座の有効化
  • STEP④必要書類のアップロード

 

記事の信頼性

記事を書いている僕は、XMでFXを始めて1年になります。
これまで、実際にXMで口座開設し、トレードを行っています。

 読者さんへの前置きメッセージ

本記事では「これからFXを始めたいけど、口座の開設方法が分からないよ」という方に向けて書いています。

この記事を読むことで、「FXの口座開設方法、トレードを始める方法」を学ぶことが出来ると思います。

これから先、副業や自己投資など。自分で稼ぐスキルを身につけることはかなり重要になってきています。年金が貰えなくなる時代に今から稼ぐ能力を身につける第1歩として少しでも力になれるように、記事を執筆します。

それでは、さっそく見ていきましょう。

新規リアル口座開設対象者

まずは、FXを始めるにあたって、この条件を満たす方であれば学生でも全員口座を開設してFXトレードを始めることが出来るので、新規リアル口座開設対象者について説明していきます。ちなみに今口座を開設すると5000円ボーナスが付いてくるので資金が少ない方にもお得なのでぜひこの機会に開設してみてくださいね!

それでは説明していきます。

新規リアル口座開設対象者条件

  • ①居住地の年齢で18歳以上であること
  • ②サービス制限地域以外の居住者であること
  • ③既にリアル口座を保有している場合

新規でのリアル口座の開設にあたっては、上記3つの条件を満たしてさえ学生でも口座開設が可能です!実際、僕も学生で口座開設できているので基本的には誰でも出来るので安心してくださいね。ちなみにクレカやマイナンバーカードが無くても口座開設は出来るので学生でもご安心ください。

※補足(②のサービス制限地域について)
南スーダン、スーダン、カナダ、キューバ、プエルトリコ、イスラエル、米サモア、ブーベ島、グアム、ハード島、マン島、コソボ、リベリア、ミャンマー、ニュージーランド、北マリアナ諸島連邦、パラオ、アメリカ領ヴァージン諸島、合衆国領有小離島、仏領南方・南極地域、ガーンジー島、ジャージー島、セントバーツ島(仏領サンバルテルミ島)、北朝鮮、ボネール、シント・ユースタティウスおよびサバ、サンマルタン島、シントマールテン島、オーランド諸島、米国、シリア、イラン

日本にお住まいであれば気にする必要はありませんね。

新規開設は1回だけ!

XMの新規登録は基本的に1回だけです。新規登録を何回もするのは最悪不正認定になります。

1回登録すれば複数の口座を開設することも可能で、個人情報が変わったら変更すればいいだけです。新規登録する必要性はありません。

STEP①フォームへの情報入力

それでは、さっそくXMの口座開設申請ページを開いて、1つずつ確かめながら進めていきましょう。

個人情報入力

さっそく上記の画像の記入例を参考に入力していきましょう。ここで1つ注意点として記入はすべて半角英数字(ローマ字)です。海外の会社という事もあって基本的に半角英数字入力なので全角にしないように気を付けてくださいね。

電話番号ですが、日本の国番号+81が先頭につきます。そのあとに番号を書きます。携帯電話でもOKです。国番号の直後の0は省略するのが基本ですが、これもさほど重要ではありません。省略してもしなくても進めることが出来ますので大丈夫です。

取引口座詳細入力

続いて、プラットフォームタイプと口座タイプを選択していきましょう。上記画像を参考に、MT4スタンダードをおススメしています。EAなど自動売買に対しては、MT4が主流であることや情報も多いのでおススメしておきます。口座タイプに関しては、まだ決まってない人は3000円ボーナスを受け取れるマイクロ口座かスタンダード口座にしておきましょう。

詳しくマイクロとスタンダードについて知りたい方は、XMのマイクロとスタンダード口座の違いは?というヨネダ メガネさんが詳しく解説してくださっていますので、見てみてください。

どちらの項目に関しても、決まりはないので自由に選択してもらって大丈夫です!

個人情報、住所詳細(英語入力)

続いて、個人情報、住所詳細の入力についてですが、個人情報については皆様の情報を間違いのないようにご入力してください。先程の名前は半角英数字でしたが、今回は全角カナ表記なので気を付けてください。

住所詳細入力に関しては、気を付けるポイントは、後に住所などの証明のための書類を提出する必要があるので、証明できる住所を入力するようにしましょう。また、郵便番号を、ハイフン「-」無しで入力しましょう。

また、住所を英語で入力する必要があるので、英語での表記が分からない方は住所を英語に変換してくれるサイトがあるので、変換して入力してみてください。変換サイトはこちら

取引口座の設定と口座ボーナス

続いては、取引口座の設定をしていくわけですが、日本であれば基本通過はJPYつまりは円ですね。レバレッジというのは、実際に資金が少なくても倍率をかけてトレードが出来るようにするためのものなので、1:888にしておくことをおススメします。

口座ボーナスについては、希望をしておくことでボーナスとして5000円初期資金が貰えるので、ボーナスが欲しい場合は受け取りを希望にしておきましょう。

必要がない場合は、希望しないにしておけば大丈夫です。

投資家情報の入力

続いては、投資家情報の入力ですがこれはあなた自身の情報を入力していきます。投資経験などの記入です。これらの情報を証明する必要はないので、USDで難しく感じるかもしれないですが、あまり難しく考えすぎずに入力しましょう。学生であれば、基本一番小さい額にしておけばいいと思います。

パスワードの設定

続いては、パスワードの設定です。自分で自由にパスワードを設定する事が出来ます。このパスワードは、あとでメールでも送られてこないのでメモするなどして忘れないように注意してください。

最後の確認

最後に、確認事項として同意することを求められますので、最後に規約に同意するチェックボックスをクリックしてフォームへの記入は完了になります。

以上でSTEP①は完了です!お疲れ様でした。

STEP②会員ページ情報の送付

メールアドレスの認証

入力が全て完了しましたら、ご登録いただいたメールアドレスの方にこのようなメールが届きますので、メール文中の、「Eメールアドレスをご確認ください」をクリックすると、メールアドレスの存在確認が完了し、次のような画面に推移します。

さらに、「XMTradingへようこそ – お口座の詳細」というタイトルのメールが送付されると、会員ページへのログイン情報が送付されます。会員ページに推移して、ログイン出来ることをご確認ください。

ログインが出来たらSTEP②も完了です!お疲れ様でした。

STEP③リアル口座の有効化

続いて、リアル口座の有効化をしていきます。STEP②までで口座は開設出来ましたが、実はこのままでは実際にトレードはまだ出来ません。ここからは、実際にFXを始めていくための手順を説明していきますね!

まずは、こちらのXMのホームページから会員ページにログインしてください。

 

ログインが出来たら、「今すぐ口座を有効化する」をクリックして口座を有効化します。

すると、おそらくマイナンバーの所持について聞かれるので、マイナンバー保有の有無を選択します。マイナンバーをお持ちの方は、「マイナンバーをお持ちですか」にて「はい」を選択、お持ちではない方は「いいえ」を選択してください。マイナンバーをお持ちでも、身分証明書として提出しない場合は、「いいえ」を選択してください。

ここで、「はい」を選択した場合は、マイナンバー情報を入力してください。

以上でSTEP③は完了です!お疲れ様でした。

STEP④必要書類のアップロード

続いて、STEP4になります。最後のSTEPなのでもう少しです!ここからは、実際にトレードを始めていくために必要な書類のアップロードの手順について解説していきます。

こちらの方に、手順や内容をしっかりと呼んでいただいて書類をアップロードしていきます。

・有効なパスポートまたはその他の公的な身分証明書のコピー で、当局により発行されたもの(例:運転免許証、IDカード等)。 本人確認書類には、お客様の名前(フルネーム)、発行日または有効期限、お客様の出生地と生年月日または納税番号と、本人の署名が必要です。

・最近の公共料金の請求書 (例:電気、ガス、水道、電話、ガソリン、インターネットまたはケーブルテレビ、銀行口座の取引明細など)で、お客様の登録住所が確認できる 6 ヵ月以内の日付を記載したもの。

引用元:XMTrading公式サイト > カテゴリー別よくあるご質問 > 口座開設する際に、必要な提出書類はなんですか。

また、スキャナーがなくてもスマホのカメラで撮ったものでも、鮮明であればOKです。

提出する書類は、身分証明と住所証明の2つで、これらは別々の書類である必要があります。

書類のアップロードが完了すると、次のように「アップロードされている書類はありません」から、「証明書アップロード済み」と表示が変わります。

上の図のような「証明書類アップロード完了通知」というタイトルのメールが送付されると、書類のアップロードは完了となります。

全ての書類のアップロードが完了後、証明書類の確認が行われます。書類の確認には、通常30分~半日ほど時間がかかります。

口座有効化の完了通知

書類の認証が完了すると、次の「口座有効化のお知らせ」の通知が登録メールアドレスに送付されます。

ここまで完了したら、会員ページの左上の表示が、「有効化されていません」から、「認証済」に変わります。

以上で全ての手順が完了しました。ここまで出来たら、あとはいよいよFXを始めていくだけです。
新規口座開設ボーナス(5,000円)を受けとってFXトレードを始めていきましょう。