仕事・就職・転職

就職の面接試験で「欲しい」と思わせるためのコツ【徹底解説】

今回は、就活における面接試験で面接官から「欲しい!」と思わせるためのコツについて記事を書いていきたいと思います。面接でどんな事に気を付ければいいの?面接試験を突破するためにはどうしたらいいの?そんな疑問に答えます。

就活において面接試験は必須であると言えます!誰しもが必ず通る道です!

参考になるように書くので、ぜひ最後までご覧ください。

面接とは?なぜ面接をするのか?

面接試験とは、簡潔に言うと「お互いを見極めるためのもの」と言えると思います。

面接試験とは、学生にとっては「自分が満足して働ける企業か」、企業にとっては「自社に合う人材か」を、それぞれ見極めるための対話の場であると言えます!

つまり、意外と企業側だけではなく、学生にとっても見極める重要な試験なので、対策はしっかりと行いましょう!

通常、内定が出るまでに数回の面接試験が行われ、コミュニケーション能力、志望度の高さ、論理的思考ができるかなどを評価します。

選考を通じて、最も大きなウエイトを占める試験であると言えると思います!

面接におけるポイント6選

これまで面接試験の意味や重要性について話しましたが、ここからはポイントについて解説していきたいと思います。

重要な面接試験をクリアするために準備しておくべきポイントは何なのでしょうか。

どんな時でも、その瞬間の行動がその後の人生を変えるという、そういう時があります。

いつもの日常の中では訪れない、とても張り詰めた時間の一つとして、採用面接試験というイベントがあります。

選考するために実施される試験には、書類選考や筆記試験などがありますが、一番緊張するのはなんといっても面接ではないでしょうか

緊張するかどうかは個人差がありますが、それでも人生を左右する大舞台である面接で緊張をしないという人は滅多にいません。

書類や筆記、適性検査でもある程度のことはわかりますが、それでも面接でしか判断できないことはあります。

企業の担当者はそこに着目しています。応募した人が直接、会社の担当者に対して自己アピールが出来る最後のチャンスでもあります。

そのためにも、これから解説するポイントを押さえて自信をもって臨みましょう!

面接におけるポイント6選

  • 外見の印象(清潔感のある身だしなみ)
  • 受け答えの内容・話し方
  • 履歴書やESの文字は丁寧に
  • 熱意
  • 基本的なマナー
  • 準備(自分の意見や考えをまとめておく)

ポイント① 外見の印象(清潔感のある身だしなみ)

人の第一印象は5秒ほどで決まると言われており、外見は非常に需要な要素です。

就活の面接においては、清潔感があるか、マナーが守られている身だしなみか、といった意味での外見はしっかりと見られています。

やはり、髪がぼさぼさであったり、シャツがシワシワであったり、ヨレヨレであれば、採用したいと思ってはくれないでしょう!

社会人にとって「身だしなみを整える」ということは当たり前の事であり、それが出来ていないという事はほぼ不合格と考えてください。

だからこそ、身だしなみが整っていないことによるマイナス点はかなりの痛手なので、身だしなみはきちんと整えて臨みましょう。

ポイント② 受け答えの内容・話し方

面接の受け答えにおいて最も注目されるのが、「面接官の質問の意図を汲み取り、的確に答えられているか」というところです。

答えた内容が企業にとって魅力的か、マッチしているかということはもちろん重要なポイントです。

しかしそれ以上に大切なのが、質問に対して「的外れな返答をしていないか」ということ。

そのためのポイント、コツとしては「結論から話す」という話し方です!

短い時間で的確に質問に対して答えるために、「結論→理由→まとめ」という順番で話すと自分も整理しやすく、また相手にも伝わりやすいので意識してみてくださいね!

ポイント③ 履歴書やESの文字は丁寧に

最近では履歴書やES(エントリーシート)をパソコンで作成する人も珍しくはありませんが、手書き指定の所もまだまだ多いのも事実です。

文字にはその人の「人柄」が表れます。もちろん、字がきれいであるに越したことはありませんが、大切なのは「丁寧に書いてあるかどうか」です。

丁寧な文字を書くことで、会社に対する熱意や丁寧な姿勢が相手にも伝わります。

誤字脱字はもってのほかです!丁寧に書くことで、面接の前から相手に好印象を与えることが出来ます!

綺麗に書くというより、丁寧に書くことを意識して書くようにしてくださいね!

ポイント④ 熱意

面接の際には全体的な質問を通して、入社への熱意などもみられています。

入社への熱意がない人を採用することは、企業側にとってはかなりハイリスクです。

その人に年間数百万の給料を払うわけなので、すぐ辞めてしまいそうな方や責任を持って仕事に取り組めない人を採用する事は避けたいのです。

そのための1つのポイントとして、企業研究はしっかりとしておきましょう!

企業についての質問をされて答えられない、的外れな答えを言ってしまうなどがあると本当に入社したいのか?調べたのか?と疑いたくなるので、調べたら分かることはしっかりと事前に調べて答えられるようにしておきましょう!

ポイント⑤ 基本的なマナー

こだわりすぎる必要はありませんが、相手に好印象を持ってもらうためにも、服装や髪型、言葉遣いや動作など、必要最低限のマナーは身につけておきましょう。

社会人になる一人の人間として、基本的なマナーを持っておくことは面接において非常に重要なので押さえておきましょう。

基本的なマナーのポイント

  • 時間厳守(最低でも受付の10分前には着く)
  • 入室(ノック、声掛け、ドアの開け閉めなど)
  • 退室(ドアの開け閉め、声掛け、退室した後の態度など)

最低でも、ここに上げた項目についてはしっかりと押さえておくようにしましょう。

ポイント⑥ 準備(自分の意見や考えをまとめておく)

面接の場で動揺することがないように聞かれそうな質問に対する答えをあらかじめ用意しておくといいでしょう。

入念な準備をしてから面接の場に行くことで、緊張を緩和させることが可能ですが、思ってもいない質問が来ることもあります。

事前の準備がしっかり出来ていれば、心の余裕も持って試験に臨むことができので、少しでも緊張を和らげることにつながります。

あまり緊張しすぎず、充分に準備を済ませてから面接に行くことで、自分自身をうまくアピールすることができます。

よく聞かれる質問の例

  • 学生時代頑張ってきたことは?
  • あなたの長所は?
  • これまでに最も苦労した経験と、それをどのように解決したか
  • あなたの短所は?
  • 弊社のどのようなところに興味を持ったか?
  • 当社の弱みをどのように認識してるか?
  • 入社後、具体的にどのような仕事をしてみたいか?それはなぜか?
  • この会社でどうなりたいか?
  • 10年後、何をしていると思うか?
  • これから実現したい夢は?

これらはよく聞かれるので、答えを準備しておきましょう。

おまけ

最後におまけとして、就活に役立つ、ツールをまとめて紹介しておきます!

ぜひより良い就活のためにツールも活用してみてください!

参考

おすすめの就活対策ツール3選

  1. 自己分析ツール
    あなたの強み・弱みなど自己分析が一瞬で終わります。

  2. 自己PR作成ツール
    たった3分で自己PRが完成!スマホで簡単に作れるお役立ちツールです。

  3. 志望動機作成ツール
    人事に響く志望動機が作れる!書類選考から面接まで幅広く対応できます。

おすすめの就活対策診断3選

  1. 適職診断
    あなたの強みと適職が60秒でわかる!キャリアパーク独自開発の診断ツールです。

  2. 就活力診断
    あなたの弱点とその対策を分析!たった30秒で診断できます。

  3. 面接力診断
    あなたの面接偏差値を数値化!面接で失敗しないために自分の弱点を把握できます。

引用:就活の未来(【面接のポイント】採用担当者が見ている抑えるべき基本事項とは)

まとめ

今回の記事では、面接はなぜ必要なのか?そして、面接でのポイントについて解説していきました!

面接におけるポイントをもう一度まとめるとこちらです!

面接におけるポイント6選

  • 外見の印象(清潔感のある身だしなみ)
  • 受け答えの内容・話し方
  • 履歴書やESの文字は丁寧に
  • 熱意
  • 基本的なマナー
  • 準備(自分の意見や考えをまとめておく)

何度も見返して、面接に自信を持って取り組めるようにしてくださいね!

関連コンテンツ

-仕事・就職・転職